59007383-355D-41D4-B6AC-95AC230C7D28


とりあえず思い立ったらすぐ行動!
てことで、保健所に突撃してきたわ。

保健所なんて滅多に行くことないから緊張しちゃったよ。
どこに行ったらいいかもわからないんで、恐る恐る聞いてみたら親切に教えてくれたよ。


まず必要なものは、申請の書類。
これは保健所でもらえるし、書き方も丁寧に教えてくれたよ。
とりあえず書類はなんとかなるわ。
次に必要なのは、屋台を出すための道具だよね。

必ず必要なのはこれみたい。

●三方をシートで囲まれたテント
●手洗い、食器洗い用のポリタンクシャワーが二つ
●その水を受けるバケツが二つ
●冷蔵庫(クーラーボックスでもOK)と温度計
●食器などの資材を入れる蓋付のボックス
●蓋つきのゴミ箱
●消毒液
●アルコール液

こんなものかな?

お店の配置図的なものも書類に書かなくちゃいけないんだけど、これも適当でいいみたい。
適当というか、見本丸々写しでオッケーみたいだわり
画像が見本でそのまま書いたらいいんだって。

で、あとは実際にテントや道具なんかを組み立て設置して、それを保健所の職員が見にくるみたい。
持ち込みでもいいし、市内だと見にきてくれるみたいだわ。

焼き台なんかはレンタルするかもしれないし、調理器具は無くてもオッケーみたい。大事なのは衛生面をチェックするんだって。


書類もこのチェックもなんとかなるよね。
だけど最大関門は食品衛生責任者を置かなくちゃいけないこと。
栄養士や調理師の資格があればすぐに取れるんだけど、ない人は講習うけたらとれるみたいだわ。
だけどこの講習も日程とか決まってるだろうし、すぐには取れない資格だから、これだけは前もって取ってたほうがいいよ。

ワイはこの資格ももってるんで、とりあえず今日は書類もらって、明日提出するよ。
実際の組み立て配置のチェックは後日来てもらって見てもらうよ。

屋台営業で今回は飲食で申請するんだけど、絶対に熱を現場で通さないと提供しちゃいけないんだって。

例えばチューハイにレモンを入れたり、たこ焼きに生のネギをのせたりとか、そんなのもダメみたい。
で、アルコール類も缶のまま開けずに渡すのもなんかダメみたいだわ。
手を加えずに商品をそのまま渡すのが酒税法だがなんだかに引っかかってうるさいんだって。


なんか色々ややこしそうだったけど、思ったより簡単そうだったからよかったよ、なんとかなりそうだね。


何が一番びっくりしたかって。

担当してくれた職員の人。
おそらく50才くらいなのかな?

死ぬほどべっぴんで色気ムンムンだしスタイルも抜群だし。
最高だったよ、ご飯いきませんかって言いそうになったわ。

また明日行くのが楽しみだよ。